家族葬の列席者に対して

家族葬を行う場合には、基本的に家族のみが参加する形になるので、列席者に対しての配慮はそれほど必要にはなりませんが、はるばる家族葬に列席してくれる親族に対してはきちんとした対応が必要になります。どのように対応すればいいのかわからないような場合には、葬儀社に相談をしておくと良いでしょう。香典やお花などを親族から頂いた場合にはそれに対する返礼を行うことも必要になります。失礼のないようにするためには、葬儀社のサポートを受けて十分な準備が必要になります。いろいろと気を使うことが多くなるので、自分ひとりで全てを抱えることなく葬儀社に頼れるところは頼ってしまった方がいいでしょう。

また、親族以外の方に列席してもらう場合には親族の方以上の丁寧な対応が必要になってきます。その点についても礼を欠かないようにあらかじめ葬儀社と相談しておくことが肝要です。また、家族葬で葬儀を行うことの連絡を忘れてしまうことも避けなくてはなりませんので、リストを作っておいて忘れずに関係者にアナウンスすることが必要です。また、文章でそれを連絡する場合には文章の原案を葬儀社に依頼して作ってもらうようにしてもいいでしょう。家族だけで葬儀を行うことは必ず書かなくてはなりませんし、更には香典やお花などの扱いについてもあらかじめアナウンスしておくようにすることが肝要です。

葬儀後の返礼は49日の法要を終えてから行うことが一般的ですので、時期を忘れずに行うようにしなくてはなりません。忘れてしまうと失礼にあたりますので、そのようなことが無いようにすることも必要です。