家族葬から埋葬へ

家族葬が終了した後は故人の方を火葬して埋葬する必要があります。火葬をする際の手続きには色々な書類が必要になってくるので、忘れずにそれを用意しておくことが大切です。同様に埋葬をする際にも埋葬許可証が必要になるので、どのような書類が必要になってくるのかはあらかじめ葬儀社の方に確認をしておくと安心です。一般的には葬儀社が全てをサポートしてくれるはずなので、遠慮なく助けてもらいましょう。

一方で埋葬をする場合にはお墓が必要になります。既にお墓があるのでしたら問題にはなりませんが、ない場合にはお墓を用意することも必要です。いろいろなタイプのお墓があるので、自分たちのスタイルに合ったお墓を用意しておかなくてはなりません。葬儀の後は忙しくなるので、お墓のことも生前にあらかじめ決めておくことがおすすめです。墓石なども用意しなくてはなりませんので、迅速な対応が必要になってきます。

お墓を設置するためにはお寺なども必要ですし、家族葬で葬式をする場合にはお坊さんにお経をお願いすることも必要です。お寺ごとに宗派が厳密に決まっていることもあるので、お寺選びも注意深く行うようにすると良いでしょう。最近はお寺の制度も変わってきてるので、厳密に宗派を選ばなくてもお墓を設置することが可能な場合もあります。しかし、もしもお寺選びに困った場合には、葬儀社に遠慮なく相談をしてみると良いでしょう。特に、初めて葬式の手配をする場合には、疑問点は全て解決しておいた方が精神的負担も軽くなります。